榎木孝明“不食本”出版 動機明かす「常識に挑戦したかった」

[ 2015年11月25日 05:30 ]

「不食」体験を本にした榎木孝明

 俳優の榎木孝明(59)が24日、都内で著書「30日間、食べることやめてみました」の出版イベントを開催した。昨年5~6月にかけて水分以外は一切食料をとらない「不食」を行い、その生活を記録したもの。「食べないと生きていけないという常識に挑戦したかった」と動機について話した。

 30日間で体重約11キロ減となったが、現在は通常の食生活を営み「77キロ」と明かした。ただ「何も身体に悪い影響は起きていないし、心なしか抜け毛なども減った気がする」と健康を強調。災害後、話題となる「72時間経過後、不明者の生存率が急落」にも懐疑的。「そんな状況に陥っても、榎木は生きてたじゃないか、と思ってほしい。ちなみに僕はサバイバルできる自信はありますよ」と笑顔で語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年11月25日のニュース