はしのえみ、予定外の帝王切開を告白 病室には“ファミリー”続々

[ 2015年10月19日 15:22 ]

16日に第1子女児を出産した、はしのえみ

 第1子女児を今月16日に出産したタレントはしのえみ(41)が19日、自身のブログを更新。出産が予定外の帝王切開だったことを明かした。

 はしのは、出産翌日に谷原章介(43)や本仮屋ユイカ(28)らTBS「王様のブランチ」(土曜前9・00)の出演者が、さらにその翌日には所属事務所の先輩にあたる田中美佐子(55)や欽ちゃんファミリーの先輩、勝俣州和(50)らも続々とお見舞いに来てくれたことを報告。

 田中美佐子が撮影したという赤ちゃんの写真を掲載した上で、「実は予定外で帝王切開の出産になったのでまだ体が回復していなくて、腹筋もあまり使わない方がいいと言われていたのですが、おもしろメンバーが続々とお祝いに来てくれたので、笑いを我慢することができずに、腹筋を勝手に使っちゃいました。これこそ嬉しい悲鳴です」と続けた。

 はしのは、俳優の綱島郷太郎(42)と2009年にゴールイン。結婚7年目の今年5月に妊娠5カ月であることを公表し、今月16日午後3時50分に第1子となる3164グラムの女児を出産したことを所属事務所を通じて発表していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年10月19日のニュース