芥川賞作家羽田圭介氏 バースデーに大ファン「聖飢魔II」と感激対面

[ 2015年10月19日 19:25 ]

「聖飢魔II」地球デビュー30周年期間限定再集結「全席死刑TOUR」に悪魔メークで登場した羽田圭介氏

 人気ロックバンド「聖飢魔II」が19日、デビュー30周年期間限定再集結「全席死刑TOUR」のミサ(ライブ)を東京国際フォーラムで行い、「スクラップ・アンド・ビルド」で第153回芥川賞を受賞した羽田圭介氏(30)が悪魔メークで参拝した。

 羽田は同バンドの熱心な信者で大ファン。芥川賞受賞の連絡を待つ間も悪魔姿で地獄カラオケをやっていたことが話題となった。本日、対面を果たすということでガチガチに緊張。「なんていうんですかね…。本当に尊敬する人にはお会いすればいいってもんじゃないなって」と感想を語り、「緊張して朝から具合が悪かったです。もし、ミーハーな感じだったら『ワー!やったー!』って感じだと思うんですけど」と複雑なファン心理を明かした。

 熱烈な思いを聞いたデーモン閣下は「さすが我々だな、と思った」とうれしそう。同バンドのファンということで迷惑をかけているのでは、と羽田氏が危惧しているとジェイル大橋代官が「全然ウェルカム。世の中で信者(ファン)が活躍してくれるのは我々の誇りでもある。友達になってくれ!」と逆にお願いされ、顔をほころばせた。この日誕生日を迎えた羽田氏は同バンドからケーキでお祝いされるサプライズも。「がんばってくれたまえ」とねぎらわれ、感激の面持ちだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年10月19日のニュース