片岡安祐美は魔性の女?「男友達は200人。みんな私のこと好きだと思う」

[ 2015年10月19日 21:16 ]

茨城ゴールデンゴールズの片岡安祐美監督

 野球クラブチームの茨城ゴールデンゴールズ、片岡安祐美監督(28)が19日、日本テレビ「有吉ゼミSP」(月曜後7・00)に出演。さわやかなイメージとは異なる“魔性の女”の一面を披露した。

 片岡は「結婚できない女性アスリート」と題したトークコーナーに登場。彼氏は1年ちょっといないと言い、交際相手ができない理由について「男友達が200人いる」と説明した。

 片岡には自宅の電球を替えるだけの友達や、宅配ピザを食べるだけの友達など、必要なときだけ呼ぶ男友達がいる。110人がプライベートつながりで、90人が野球つながりの男友達。友人の一人は、ボディータッチなどで片岡が自分に好意を持っているなと勘違いしてしまうことがあったと語った。

 思わせぶりな行為に対して本人は「調子に乗ったことを言わせてもらうと、みんな私のことを好きだと思う。でも気になる人はいないかなあ」と話した。司会の有吉弘行(41)が「恋愛感情はないの?」と問うと「まったくないです。ボディータッチもみんなにやっているので。勘違いしそうな人にはしない」と持論を展開した。

 ゲストの坂上忍(48)は「意外なところからクソ女が出てきた」とリアクションし、「ホームラン打ったらハグしてあげるなんて色仕掛けじゃないか!」と片岡に突っ込んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年10月19日のニュース