最近あった争いごとは?岸辺一徳「ノーコメント」、伊東四朗は自虐

[ 2015年10月15日 16:05 ]

ドラマ「遺産争族」制作発表に出席した岸部一徳

 俳優の向井理(33)岸部一徳(68)、女優の榮倉奈々(27)が15日、都内で行われたテレビ朝日系ドラマ「遺産争族」(22日スタート、木曜後9・00)の制作発表に出席した。

 同ドラマは資産ある創業者一家に研修医の男性が婿に入ることから争いが始まる金と欲が渦巻くホームドラマ。内容にちなんで、最近あった家族や兄弟と争ったことを聞かれ、榮倉は「ないですね。兄弟もいないので。すいません、つまらなくて」と平謝り。

 対して岸部は「意外と単純そうな質問でしたけど、人によっては難しい問題がありますので、ノーコメント」と語ると、弟の岸部四郎(66)ことを連想したのか、共演者や会場からは笑いが起こった。「いや、何もないんですけどね」と弁明し、苦笑いだった。また最年長の伊東四朗(78)も「親もいませんし、5人兄弟なんですが、上2人いなくなって、残った3人争う気力もない…」と自虐的に語り、笑いを誘った。

 他に余貴美子(59)、室井滋(56)、板谷由夏(40)、鈴木浩介(40)、岸本加世子(54)、脚本家の井上由美子氏が出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年10月15日のニュース