ローラ 壮大な夢語る「釣り師になりたい」「もっともっと頑張る」

[ 2015年10月5日 16:03 ]

第32回「ベストジーニスト2015」を受賞したローラ

 モデルでタレントのローラ(25)が5日、都内で行われた第32回「ベストジーニスト2015」の一般選出部門を受賞し、発表会に登壇した。

 ジーンズスピリットである「壮大な夢を追い、希望を絶対に失わない不屈の精神」にかけて、自身にとってのジーンズスピリットを聞かれたローラは、夢であるハリウッド進出を果たしたが「夢はみんな持っているものだし、私も実は釣り師になりたいとか、パン屋の店長になりたいとか、夢はたくさんある」と明かして会場を沸かせ、「思っているだけじゃダメだから、夢のために何ができるかちゃんと考えて、行動を起こすことが本当に大切だなって思います」と真面目にコメント。「まだ夢がかなったという実感はないので、これからももっともっと頑張って行きたいなという気持ちです」と意気込んだ。

 ベストジーニストは、日本ジーンズ協議会が、ジーンズを着る楽しさを多くの方に知ってもらおうという趣旨で開催しているもので、1984年にスタート。今年もっともジーンズが似合う有名人として全国から一般投票で選ばれた「一般選出部門」には、今年で2回目の受賞となるKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔(28)と、3年連続(永久ベストジーニストとして殿堂入り)となるローラ(25)が受賞。主催者が推薦・選出した「協議会選出部門」には、俳優で武道家の藤岡弘、(69)と女優の吉田羊(年齢非公表)と、モデルの森星(23)、同部門のグローバル特別敢闘賞には、サッカーブンデスリーガのシャルケに所属する日本代表DFの内田篤人選手(27)が受賞した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年10月5日のニュース