たかじんさん元マネジャー 妻さくらさん、百田尚樹氏を提訴へ

[ 2015年9月1日 05:30 ]

故やしきたかじんさん

 昨年1月に亡くなった歌手やしきたかじんさん(享年64)の元マネジャーの男性(49)が31日、大阪市内で、たかじんさんの闘病生活を作家の百田尚樹氏(59)が著した「殉愛」をめぐり、妻さくらさんや百田氏に対して提訴する考えを明かした。「最後まで付き添った僕の責任」と意図を説明。この男性は02年4月からたかじんさんのマネジャーを務め、同書では事務所のお金を横領したなどと書かれている。

 この日は、さくらさんが、たかじんさんの元弟子の打越元久氏に名誉を傷つけられたとして1000万円の損害賠償を求めた民事訴訟の第2回口頭弁論が大阪地裁であり、打越氏と元マネジャーの男性が証人として出廷。和解交渉へ向けた協議を開始することが決まった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年9月1日のニュース