松井玲奈 涙のSKE48卒業「次の花を咲かす準備を始めます」

[ 2015年9月1日 05:30 ]

最後のSKE劇場公演で涙ながらにあいさつする松井玲奈

 SKE48の松井玲奈(24)が31日、名古屋市のSKE劇場で最後の公演を行い、卒業した。

 アンコールで最後のあいさつ。涙ながらに「次の花を咲かす準備を始めます。その花に太陽の光、水を与えていただきたい。次は、かすみ草じゃなくもっと大きな花を咲かせたい」と語った。劇場内には抽選に当たった285人。周辺には約2000人が集まったが劇場外へのあいさつは安全上の理由で中止にした。

 終演後の会見で、今後の女優業について「(NHKの)大河ドラマや朝ドラに出演させていただき、別の形で紅白歌合戦に出場できれば」と抱負。ベッドシーンに挑む覚悟もあるかどうか問われると「必要があれば。時と場合によりますが、覚悟はあります」と笑顔で答えた。

 会見終了後には名古屋から都内に移動し、卒業後の初仕事としてニッポン放送「ミュ~コミプラス」に生出演。番組スタートから約5分遅れでスタジオ入りすると、「(卒業した)実感が湧いてない。オーディションに受かった日と同じ感覚。またゼロからのスタートで、それが楽しいだろうなと思う」と心境を語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年9月1日のニュース