泉谷しげるを提訴 コンサート中、投げたギターで女性負傷

[ 2015年8月6日 11:46 ]

 歌手の泉谷しげる(67)がコンサートで投げたギターが顔に当たって負傷したとして、新潟県長岡市の女性が約300万円の損害賠償を求め、新潟地裁長岡支部に提訴していたことが6日、分かった。5日に第1回口頭弁論(吉田純一郎裁判長)が開かれた。

 訴状によると、昨年6月22日、長岡市の「長岡市寺泊文化センター」でのコンサートで、泉谷が観客席へ投げた弦の切れたギターが額に当たり、女性は出血して救急搬送された。治療後も額中央に傷痕が残ったとしている。

 泉谷の所属事務所の担当者は「けがをされた女性に対しては誠心誠意対応していく」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年8月6日のニュース