川崎麻世 離婚は「自然の成り行きで」 舞台で意味深セリフも

[ 2015年8月6日 05:30 ]

舞台「南の島に雪が降る」のフォトセッションに臨む(前列左から)大和悠河、柳家花緑(後列左から)佐藤正宏、松村雄基、川崎麻世、柄本時生、酒井敏也

 俳優の川崎麻世(52)らが5日、東京・浅草公会堂で舞台「南の島に雪が降る」(6日開幕)の公開稽古を行った。

 妻でタレントのカイヤ(53)との離婚問題がたびたび報じられ「芝居の中で“外国の女は怖いぞ”というセリフがある。お客さんがどんな反応するか楽しみ」とニヤリ。離婚については「自然の成り行きで」と話した。俳優の故加東大介さんの戦争体験記を舞台化。主演の落語家・柳家花緑(44)は「人生を懸けて演じます」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年8月6日のニュース