山岸舞彩、夫は丸井創業者の孫…寿引退「彼を支えるため家庭に」

[ 2015年7月29日 05:42 ]

結婚と引退を認めた山岸舞彩。家庭に入り、夫の仕事を支えていく

 日本テレビの「NEWS ZERO」でキャスターを務めるフリーアナウンサー、山岸舞彩(28)が結婚していたことと、芸能界を引退することをスポニチ本紙が東京本社最終版で伝えた28日、山岸は所属事務所を通じて直筆のコメントを発表した。

 「この度一般の男性の方と入籍致しました事をご報告させていただきます。これからは彼を、そして彼の仕事を支えていく為(ため)に、家庭に、入る決心を致しました」と報道の内容を認めた。

 知人によると、相手の30代男性は百貨店「丸井」の創業者の孫で、不動産関係の会社の代表取締役を務める。NHKの青井実アナウンサー(34)の兄でもあるという。昨年秋からの交際を実らせ、結婚は今月に入ってから。関係者は「つい最近と聞いています」としている。山岸は妊娠していない。

 テレビ局の改編時期となる9月末に「NEWS ZERO」を降板し、同番組を最後に一切の芸能活動からも退く。この件で会見を行う予定はない。

 山岸はこれまで、スポーツニュース番組では親しみやすいリポートでお茶の間の人気を集め、報道では日テレで2年連続で選挙特番のキャスターという大役を担当。幅広い分野で力を発揮してきた、テレビ界屈指の美人キャスターが下した人生の大きな決断には大きな注目が集まっている。

 この日夜の「…ZERO」でも結婚を生報告。「あと2カ月余り、これまで以上に真摯(し)に取り組んでいきたいと思っております」と視聴者に語りかけた。その後、共演者に「おめでとう!」と祝福されると表情を崩し、「ありがとうございます」と幸せそうな笑顔を浮かべた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年7月29日のニュース