フジ「HEAT」第4話視聴率は3・4%…自己ワースト更新

[ 2015年7月29日 10:08 ]

フジテレビ「HEAT」の主演を務めるAKIRA

 フジテレビ「HEAT」(火曜後10・00)の第4話が28日に放送され、平均視聴率は3・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが29日、分かった。第1話6・6%、第2話3・9%、第3話4・2%と推移。再び3%台に転落し、自己ワーストを更新した。

 近年の民放GP(ゴールデン・プライム)帯連続ドラマで、視聴率3%台は2013年10月クール「夫のカノジョ」(TBS)の3・0%(3%台5回)、同「家族の裏事情」(フジテレビ)の3・4%(3%台2回)、14年7月クール「あすなろ三三七拍子」(フジテレビ)の3・6%(3%台1回)、15年4月クール「戦う!書店ガール」(フジテレビ)の3・3%(3%台3回)などがある。

 「HEAT」は主演のEXILE・AKIRA(33)演じる不動産会社のエリートビジネスマンが街買収のため、情報収集を目的に素性を隠して消防団員に入団。消防活動を通じて人を守る喜びを知っていく姿を描く。消防士ではなく、本業を持ちながら活動する消防団員にスポットを当てるドラマは初。総務省消防庁と東京消防庁による全面協力で制作される。ドラマの後を描く映画「DRAGON」(仮題)の製作がオンエア開始前に決まった。

 共演は消防団のリーダー的存在の女性団員を演じる栗山千明(30)消防団を指導する消防士を演じる佐藤隆太(35)のほか、田中圭(30)菜々緒(26)小芝風花(18)「SMAP」の稲垣吾郎(41)ら。

 脚本は「ショムニ2013」などの丑尾健太郎氏、「スイッチガール!!2」などの大浦光太氏、「私と彼とおしゃべりクルマ」などの坪田文氏。演出は「アンフェア」などの小林義則氏、「ゴーストライター」などの佐藤源太氏。

 第4話は、タツヤ(AKIRA)と浜田(田中圭)が競い合う再開発プロジェクトの最終候補地決定まで残り1週間。タツヤは日比野(稲垣)から、これまで勝つことだけにこだわってきた自分が「今は少し変わっているように思える」と指摘され、焦りを覚える。その折、咲良(栗山)が入院することになり、消防団の分団長代理を任されたタツヤは、近所に住むシズ(高林由紀子)という老婦人に出会う。認知症のシズはタツヤを5年前に亡くなった夫と思い込み、そばを離れようとしない…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年7月29日のニュース