はるな愛“職権乱用”で恋人候補ゲット「いいお知らせできるように」

[ 2015年7月29日 13:43 ]

「日本ベスト・カー・フレンド賞」を受賞した「平成ノブシコブシ」吉村崇とはるな愛

 タレントのはるな愛(43)が、車を愛し車文化に貢献した人に贈られる「日本ベスト・カー・フレンド賞2015」を受賞し、29日に都内で行われた授賞式に出席した。

 受賞者の黒柳徹子(81)が風邪、三原じゅん子(50)が参院本会議のため授賞式を欠席したことによる“追加受賞”だったが、「免許証は(本名の)大西賢示だけれど、車は自分の素が出るっていわれているので、私はカーキの軽に乗っています。男の部分を表彰してもらった気分でうれしい」と喜びを爆発させた。

 そして最近、助手席に「1カ月ほど前に知り合った、22歳の男の子を乗せた」と告白。実は自身がオーナーを務める飲食店に来たお客さんで、「店の子に怒られるかもしれないけれど、“私のこと知っていると思うから”と言って、私の連絡先を渡してもらった」と“職権乱用”したことを明かした。

 それでも既に1度、食事に行ったそうで「格好良くて、小栗旬さんと小出恵介さんを合わせた感じ」とぞっこんの様子。賞の選考に当たったテリー伊藤(65)から「そんなヤツ、いるわけねえだろ」とツッコまれても、心ここにあらずの様子だ。

 今週末には愛車で映画「ジュラシック・ワールド」を見に行く予定だという。その時点でまだ公開していない作品だが、「つり橋効果を期待しています。車から始まる愛もある。いいお知らせができるようにします」と並々ならぬ意欲を見せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年7月29日のニュース