水沢アリー、浦和・槙野と破局 13年12月から交際もモテ男と溝

[ 2015年6月20日 06:31 ]

破局した浦和・槙野と水沢アリー

 サッカー日本代表DFでJ1浦和の槙野智章(28)とタレントの水沢アリー(24)が破局したことが19日、分かった。

 複数の関係者が明らかにした。今年2月には、水沢が東京マラソンを完走すると、槙野が駆けつけて、仲むつまじい様子を見せていたが、恋のゴールはかなえられなかった。最近では、サッカー界きってのモテ男の槙野が、モデル風美女と数人で食事する姿などが目撃され、2人の間に大きな溝ができていた。

 共通の知人の紹介で知り合い、水沢の曽祖父がドイツ人で、槙野が11年から2年間ドイツの「1FCケルン」に所属した“ドイツつながり”で意気投合。13年12月から交際をスタートした。

 昨年1月の本紙報道で熱愛が明るみになり、同月には水沢が「凄く素敵で凄く幸せにしてくれる人。高め合えるから大好き」と堂々と交際宣言。槙野も翌2月に「良い関係を築けている」と認め、10年後について聞かれると「しっかり家庭を築きたい」と結婚願望も口にした。昨年の正月には広島県の実家に水沢を招き両親に紹介するなどしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年6月20日のニュース