最後の“冠番組”終了…メッセ黒田「たかじんイズム継承」衝撃告白も

[ 2015年6月20日 07:40 ]

「たかじん…」最終回スペシャルに出演した(左から)眞鍋かをり、メッセンジャー黒田、八代英輝

 テレビ大阪「たかじんNOマネーBLACK」の最終回スペシャル(27日後6・59)の収録が19日、大阪市内の同局で行われた。同番組終了により、故やしきたかじんさん(享年64)の冠番組は消滅。たかじんさんに代わり昨年7月からメーンMCに就任したお笑いコンビ「メッセンジャー」の黒田有(45)は、「番組は終わるけど、たかじんイズムは受け継いで、出演者それぞれに頑張っていく」と誓った。

 「衝撃の告白」をテーマに出演者らがトーク。黒田は交際中のタレント国生さゆり(48)について、「実は高校1年のときに追っかけをしたことがある」と明かした。おニャン子クラブ所属の国生ファンだった級友のバイクの後ろに乗りたかったために付いて行ったといい、「30年以上前の話。まさか自分がその人とお付き合いするとは」。サブMCの眞鍋かをり(35)らに「いい話じゃないですか」と言われ、大照れした。

 タレント矢口真里(32)や旧ライブドア堀江貴文元社長(42)ら“お騒がせ著名人”も出演した。矢口は「本気で豊胸手術をしようと思ったことがある」、離婚の際には「慰謝料をいっぱい払った」などとぶっちゃけた。

 同番組は「たかじんNOマネー」として2011年1月よりレギュラー放送。昨年1月にたかじんさんが死去し冠番組全3番組中、他局の2番組はことし4月から「たかじん」の文字を外してリニューアルしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年6月20日のニュース