「ごめんね青春」劇中ラジオが一夜限りの復活!名フレーズも再び

[ 2015年5月11日 13:10 ]

初代・カバヤキ三太郎こと生瀬勝久(C)TBS

 2014年10月期に放送された「関ジャニ∞」錦戸亮(30)主演のTBSドラマ日曜劇場「ごめんね青春!」の劇中ラジオ番組が一夜限りで復活することが決まった。6月14日にTBSラジオで放送される「カバヤキ三太郎のごめんね青春」(後11・00)で、DJは劇中と同じく“初代・カバヤキ三太郎”こと俳優の生瀬勝久(54)が務める。

 劇中で登場した架空のFM局「みしまエフエム」による若者向け番組「カバヤキ…」が実際にラジオ番組としてオンエアされる。構成はドラマの脚本も手掛けた宮藤官九郎氏(44)が担当。シスター吉井校長役の斉藤由貴(48)どんまい先生こと坂井真紀(44)らドラマ出演者が続々登場する予定だ。

 謝りたいことをテーマにした人気コーナー「ごめんね電話」では、実際にリスナーと電話をつなぐ。「何が“ごめんね”なのかな?」「一方的にしゃべらないでくれる?」などの名フレーズも一夜限りで復活する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年5月11日のニュース