デヴィ夫人、ノリノリ「女エルヴィス・プレスリーみたい」

[ 2015年1月22日 13:43 ]

「東急プラザ渋谷 タイムスリップギャラリー」オープニング式典でノリノリで踊るデヴィ夫人

 「東急プラザ渋谷 タイムスリップギャラリー」のオープニング式典が22日に開催され、タレントのデヴィ夫人(74)がゲスト出演、昔なつかしいディスコルックで登場した。

 「東急プラザ渋谷」は来月22日で閉館する。タイムスリップギャラリーは1960年代から現在までの渋谷の変遷を写真やジオラマなどで展示する企画で、渋谷で流行したサーファーディスコも再現されてている。デヴィ夫人は、それに合わせて当時のディスコルックに身を包み「女エルヴィス・プレスリーになったみたい」と上機嫌だった。

 現在は渋谷区在住。「静かな住宅に住んでいるんですけど、一歩繁華街に出ると活気あふれる流行の発信地という感じで、すばらしいと思ってます」と渋谷の魅力を語る。休日には、インドネシア人の家政婦さんと渋谷の映画鑑賞に出かけることもあるそうで「(夫人に)誰も気がつかない。おもしろいですよ」と渋谷での生活を満喫している様子。「彼女も時々楽しませてあげないと国に帰りたいって言い出したら怖いので」と続け、集まった報道陣を笑わせた。。

 若い頃には渋谷でデートしたことも。「ハチ公前で待ち合わせをして。初恋ですからね。(お相手は)銀座で出会ったものすごい綺麗な男性でした。今もメンクイですけど」と貴重な初恋話を披露した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年1月22日のニュース