寺島咲 舞台「神様はじめました…」で主演、女子高生役「楽しみ」

[ 2015年1月22日 00:27 ]

「神様はじめました」の製作発表に登場した(左から)音楽プロデューサーのSWEEP、高崎翔太、八神蓮、寺島咲、南圭介、脚本・演出の秦建日子氏

 人気コミックが題材で、女優の寺島咲(24)らが出演する舞台「神様はじめました THE MUSICAL♪」の製作発表が21日、都内で行われた。

 少女漫画誌「花とゆめ」で連載中の鈴木ジュリエッタ氏の漫画が原作。

 寺島は八神蓮(29)とダブル主演。女子高生役の役衣装で登場し「私は24歳で、高校生の制服が大丈夫かなと思ったが、学生服という感じはなく、色も変わっているのでホッとしました」と苦笑いした。家を失い、ボロボロの神社に住む代わりに、神様の仕事を引き受ける設定だ。

 舞台は8年ぶりだといい「また、いつかやってみたいと思っていた。でもミュージカルは初めてで、歌やダンスなどドキドキしているけど、楽しみでいっぱい」と目を輝かせた。

 東京・池袋の東京芸術劇場で3月21~29日に上演。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年1月22日のニュース