福山雅治 赤い砂漠で幻の珍獣に出会う

[ 2014年11月15日 15:12 ]

ナビゲーターの福山雅治(NHK提供)

 NHK総合の大型自然ドキュメンタリー「ホットスポット最後の楽園」。2011年に放送し、好評を博した第1シリーズに続き、第2シリーズが10月から放送されているが、その第2回「赤い砂漠と幻の珍獣~ナミブ乾燥地帯~」が16日に放映される。

 ナビゲーターは、今回も俳優の福山雅治。広大な砂丘に立つ福山を空からとらえた圧巻の映像や妖しい美しさを放つ砂丘の幻想的な映像は必見だ。

 世界で最も古く、最も乾燥した砂漠といわれるアフリカ大陸のナミブ砂漠。ここには多様な生きものが暮らしている。ゾウの鼻とウサギの耳を持つ珍獣ツチブタや、砂丘を疾走するカメレオン、自分の目をなめて水分を補給するヤモリの仲間、水を求めて放浪する砂漠ゾウなど、極限の環境の中で生きものたちは独自の進化を遂げてきた。この生きのものたちの命を支えているのが意外な存在・シロアリと周期的に砂漠を包み込む神秘的な霧。小さなシロアリを求めて、また霧のわずかな水分を求めて、生きものたちは驚きのサバイバル術を繰り広げる。

 放送は16日午後9時から同49分まで。

 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年11月15日のニュース