ビッグダディ“東京進出”へ 8月離婚、バツ5も新天地で再出発

[ 2014年10月9日 05:57 ]

「ビッグダディ」こと林下清志

 「ビッグダディ」ことタレントの林下清志(49)が8日、スポニチ本紙の取材に応じ、初めて東京に移住して整骨院を開業する計画を明かした。

 岩手県盛岡市にあったダディの自宅兼店舗の「ほねつぎ盛岡屋」が5日に全焼。これを機に“東京進出”を図るといい「23区内の端っこでいい賃貸の物件があったら紹介してほしい」と訴えた。「息子と一緒に住むことになるかも」とも話した。出火の原因を警察も消防も漏電とみており、「保険にも入っていたし、過失もなかったのでホッとしている」と胸をなで下ろしていた。近況については、5日から地元のサウナに2泊して、仕事のために東京に来ていると明かした。

 また、4月に結婚した10歳年下の看護師の三由紀さんと、8月にスピード離婚していたことも告白。5度目の結婚生活はわずか4カ月だった。それでも、「別れてからも仲は悪くない。一緒に芝居も見に行きました」と良好な関係を強調した。

 バツ5となってしまったダディだが、東京で新たな伴侶を見つけることになるのか、今後に注目が集まる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年10月9日のニュース