有村架純 ショートカット姿をファンに初披露「だんだんなじんできた」

[ 2014年8月30日 14:46 ]

ファンイベント「FlaMme Girls Party VOL.3」に参加した(左から)野村麻純、藤原令子、有村架純、小篠恵奈

 女優の有村架純(21)が30日、都内で行われた所属事務所「フラーム」の年に1回のファンイベントに参加。野村麻純(23)、小篠恵奈(20)、藤原令子(20)とともにゲーム大会、プレゼント抽選会、握手会などで集まった約500人のファンと触れ合った。

 「ブログはやっているけど、普段直接お会いする機会はあまりないので、貴重な時間だと思って過ごさせてもらった。いつも応援ありがとうございます」とファンに頭を下げた有村。

 1年ぶりのイベントには「すごくファンの人との距離感が大事にできたかな。いつもだとちょっと遠い存在だけど、こういうイベントだと近くで触れ合ったりできるので、大事だなと思ったし、すごい楽しいなと。楽しい時間はあっという間だった」と笑顔を見せた。

 主演映画「ストロボ・エッジ」(2015年3月公開)での役づくりのため、ロングヘアを約20センチもカット。この日も夏らしいショートボブヘア姿を初披露すると「前髪も違うし、雰囲気はガラっと変わったんじゃないかなと。何もなく髪を切るんじゃなくて、役で髪を切るってことに意味があると思っている。髪型とか外見を役でどんどん変えていきたい。最初の頃より、だんだんなじんできたかな。“似合ってるよ”って声をかけてもらうことが増えました」とニッコリ。

 久しぶりのショートカットは「すごくうれしい。すごい楽、洗うのが楽です」とはにかんだ。

 10月には初挑戦にして初主演となる舞台「ジャンヌダルク」も控える。現在は「ボイストレーニングと殺陣の稽古を合間にやっている」といい、「だいぶ足腰は鍛えられたかなと。想像以上に大変で、ドキドキしています。頑張ります」とファンからもらったパワーを糧に大役へ向け気を引き締めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年8月30日のニュース