×

第51回ギャラクシー賞「あまちゃん」が大賞

[ 2014年6月4日 20:09 ]

 優れた放送に贈られる第51回ギャラクシー賞(放送批評懇談会主催)の贈賞式が4日、東京都内で開かれ、テレビ部門の大賞にNHK連続テレビ小説「あまちゃん」が選ばれた。

 各部門の大賞は、ラジオ部門がTOKYO FM特別番組「これからを見つめて~LOVE&HOPE 3年目の春だより~」、報道活動部門がNHK「里山資本主義」、CM部門がサントリーホールディングス「ペプシNEX ZERO 桃太郎『Episode. ZERO篇』」に決まった。

 ほかの主な賞は次の通り(敬称略)。

 【マイベストTV賞グランプリ】日本テレビ「今日の日はさようなら」

 【テレビ部門優秀賞】中京テレビ放送「ニッポンの性教育 セックスをどこまで教えるか」、TBS「報道特集 シリーズ秘密保護法案」、テレビ朝日「時は立ちどまらない」【同特別賞】NHK「戦後史証言プロジェクト『日本人は何をめざしてきたのか』」【同個人賞】三浦春馬

 【ラジオ部門優秀賞】TBSラジオ&コミュニケーションズ「赤江珠緒 たまむすび」、山形放送「途切れた119番~祐映さんと救急の6分20秒~」、ニッポン放送「想像ラジオ」【同DJパーソナリティ賞】西向幸三

 【報道活動部門優秀賞】朝日放送「『空白の68年~日朝両国に眠る遺骨~』一連の報道活動」、熊本放送「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)報道」

 【CM部門優秀賞】全国都道府県及び全指定都市「LOTO7 シリーズ『話は変わる前篇』『話は変わる後篇』」、リクルートホールディングス「リクルートポイント『すべての人生が、すばらしい。』」

 【志賀信夫賞】石井ふく子

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2014年6月4日のニュース