横山由依「少しずつ前に進んでいく」チームKが劇場公演

[ 2014年6月4日 05:30 ]

横山由依

 東京・秋葉原のAKB48劇場で公演が再開してから一夜明けた3日、横山由依(21)松井珠理奈(17)山本彩(20)らが所属するチームKが劇場公演を行った。横山は「この劇場には仲間がいて皆さんがいる。その喜びをみんなで分け合って少しずつ前に進んでいく」と公演再開の喜びをしみじみと語った。

 この日も4人の制服警備員が劇場の出入り口に立つなど警備は厳戒。金属探知機や荷物検査の影響などで前日は開演時間が約20分遅れたが、この日は15分ほど早まるなど警備の改善点がみられた。

 劇場は当初の予定通り4日から休館。7日の選抜総選挙開票イベント、8日の大島優子卒業コンサートが味の素スタジアム(東京都調布市)で控えているためで、大島優子卒業公演が行われる9日から再開する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2014年6月4日のニュース