平井理央アナ 2度目のマラソン挑戦表明「まず完走を」

[ 2014年4月16日 18:31 ]

フォトセッションで笑顔を見せる平井理央アナ

 元フジテレビでフリーの平井理央アナ(31)が16日、都内で行われた「アシックス ランニング 2014夏」シーズンコンセプト発表会に出席。11月に行われるニューヨークシティマラソンへの挑戦を表明した。

 アスリートに混じり、ランウェイを歩くという展開に「そうそうたるアスリートの皆さんの後に非常に歩きづらいなと思っていた。一人場違いな感じ」と苦笑い。ランニングスタイルの発表会ということで「昼や夕方に走るということはよくやっていて、走るのは好きです。走った後の1杯、ビールもご飯も最高。そのために走っているのかな」と笑顔を見せた。

 2009年に東京マラソンに挑戦し、見事完走している平井だが、11月2日(現地時間)に米国で開催されるニューヨークシティマラソンに参加することを表明。2度目のマラソン挑戦となるが、「まず完走を目指して、ニューヨークの街を楽しみたい。タイムの設定はしないで、最後まで走り切る。あとはマフィンを食べたいですね。頑張ります」と完走を目標に掲げた。

 東京マラソンの時は、イベントに同席したシドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さん(41)に師事し、鹿児島県の徳之島でトレーニングを行った。「高橋尚子さんには5年前に徳之島でコーチをしていただいて、ビシバシ鍛えていただいた。また徳之島でビシバシしごかれたい気持ちになりました」と高橋さんに再度の指導のラブコールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年4月16日のニュース