福井晶一 体調不良で舞台降板…初日1週間前「早急な回復望めず」

[ 2014年4月16日 18:40 ]

 ミュージカル俳優の福井晶一(40)が体調不良のため、舞台「死神の浮力」(22~28日、東京・本多劇場)を降板することになった。16日、公式サイトなどで発表された。

 鈴木省吾(51)が代役を務める。チケットの払い戻しは行わない。福井はブログに「出演を楽しみにしておりましたが、早急な回復が望めず、このような結論を出すに至りました」とつづり「この舞台の出演を楽しみにしてくださった皆様、共演者・関係者の皆様に、多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを、お詫び申し上げます」と謝罪した。

 人気作家・伊坂幸太郎氏(42)の同名小説を舞台化する“リーディング公演”。ふかわりょう(39)が舞台初挑戦。ほかにMEGUMI(32)らが出演する。

 福井は2012年に劇団四季を退団し、今年2月に破産した芸能事務所「アトリエ・ダンカン」に所属していた。昨年4月にも、アキレス腱の負傷のためミュージカル「レ・ミゼラブル」を約1カ月、休演した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年4月16日のニュース