「ぼけ!」芦田愛菜が“やさしさ、愛ある”関西弁 在阪民放で映画

[ 2014年4月15日 08:06 ]

 在阪民放5局による初の共同製作映画「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」(監督行定勲)が6月21日公開される。

 大阪を舞台に、芦田愛菜(9)演じる口の悪い小学3年生の少女「琴子」の成長を描く家族の物語。芦田の「うるさい!」「ぼけ!」など関西弁を使うシーンも見もの。共演陣も奈良出身の八嶋智人(43)京都出身の羽野晶紀(45)大阪出身のいしだあゆみ(66)ら関西色いっぱい。

 <各局社長のPRコメント>▼毎日放送・河内一友氏「小学生の頃を思い出し、気持ちよく見られた」▼朝日放送・脇阪聰史氏「昭和の香りがノスタルジックに漂う映画」▼テレビ大阪・立岩文夫氏「見終わったら家族であれこれ話してください」▼関西テレビ・福井澄郎氏「大阪弁にはやさしさ、愛があるねん!」▼読売テレビ・望月規夫氏「愛菜ちゃんの関西弁も聞きもの」

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年4月15日のニュース