6月出産予定の小森純、産休前最後の仕事「ヤベー、何しよう」

[ 2014年4月15日 14:34 ]

小森純プロデュースつけまつげ「アイメイジング」新商品発表会見に登場、大きなおなかに手を添える小森純

 タレントの小森純(28)が15日、都内で自身がプロデュースするつけまつげシリーズ「アイメイジング」の新商品発表会に出席。小森は妊娠9カ月で6月に第1子を出産予定で、このイベント出演を最後に産休に入る。

 大きなおなかに手を添え「9カ月に入りました。元気に育ってくれています。(おなかが)目立ってますよね、私もびっくり!」と笑った小森。この日が産休前最後の仕事ということで「今日が最後。産休、産休、ヤベー、何しようって感じ。自由に過ごそうかなと思っています」と終始ハイテンションで笑顔を振りまいた。

 夫の今井諒氏(28)も協力的だといい「びっくりするぐらい優しい。逆子ちゃんなので、逆子体操も一緒にやってくれたり、パパになる準備をしているんだと思う。親にもすぐに離婚するって言われてたけど、意外とない、仲良いです」と一時は“離婚危機”も噂された夫婦だが、円満ぶりを強調した。第1子の性別は男の子。「旦那が男の子がいいとずっと言っていたので、良かったねって」と夫も喜んでいるという。

 将来の芸能界デビューは「絶対ない。あり得ない。ブログに登場したりも億%ない」とキッパリ。子どもには「(自身が)テレビに出ていたとか、雑誌に出ていたということも隠しておきたい。だって、嫌じゃない、こんなママ。バレたらバレたですけど、バレるまでは隠しておきます。普通に育てたいんです」と力を込めつつ、「マー君になってほしい。あやかりたい。スポーツ選手になってほしい」と夢をふくらませた。

 「子どもに恥じないようにしっかりとした母親になれるように頑張って、また戻ってくるので、温かく見守っていてください」と最後のあいさつをした小森。復帰時期は「すぐには考えていない」といい、「ゆっくりでいい、おばさんになってからかな。説得力あるおばさんになって戻りたい」と明言を避けた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年4月15日のニュース