春風亭ぴっかりも大人AKB落選!有名人次々と…合格は一般人か?

[ 2014年4月15日 15:44 ]

春風亭ぴっかり

 春風亭小朝(59)門下の落語家・春風亭ぴっかり(32)が15日、自身のブログを更新。「大人AKB48オーディション」最終選考に落選したことを明らかにした。元「モーニング娘。」の市井紗耶香(30)お笑い芸人のキンタロー。(32)らが落選を報告する中、ぴっかりの合否が話題を呼んでいた。最終選考に残っていた有名人は次々に落選。17日発表の合格者に注目が集まる。

 「ぴっかり☆の夢は夜閉じる」と題したエントリー。「大人アイドルの夢…見事!散りましたぁぁああ。うぉぉおおお!」と悔しがりながら報告。「でも、素晴らしい経験をさせていただきました!お世話になった皆さま、たくさんのアドバイスをいただいた皆さま、見守っていてくださった皆さま、本当にありがとうございました!」と感謝した。 

 2005年、AKB48第1期オーディションに年齢を7歳ごまかして応募し、最終選考まで残った“変わり種”。「『第1期』と『大人』。AKBを“2度落ちた女”春風亭ぴっかりを今後ともよろしくお願いします」と笑いを誘った。

 「江崎グリコ」のアイス「パピコ」のキャンペーンの一環として、30歳以上を対象にした期間限定のメンバーを募集。最終3次選考(ダンス&ボーカル選考)は12日、都内で行われた。合格者は5月14日、CMセンターデビューする。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年4月15日のニュース