大泉洋マジック試写会 劇団ひとりの“挑発”に奮起

[ 2014年4月15日 05:30 ]

試写会でマジックを披露した柴咲コウ(左)、劇団ひとり(上)、大泉洋

 劇団ひとり(37)が自身の小説を映画化した監督デビュー作「青天の霹靂(へきれき)」(5月24日公開)の試写会が14日、都内で行われ、主演の大泉洋(41)、柴咲コウ(32)が登壇した。

 大泉演じるマジシャンが40年前にタイムスリップし、一躍人気者になる作品。マジックの猛特訓を積んで撮影に臨んだ大泉だが、「ひとりさんが“それが限界ですか?”って言うのが腹立つんですよ」と明かして笑わせた。また、ステージで劇団ひとりの体が縮むマジックが披露され、観客を驚かせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年4月15日のニュース