長州小力出演舞台 インフルで中止 代替イベント決定

[ 2014年2月1日 11:21 ]

お笑いタレントの長州小力

 1月29日から東京・笹塚ファクトリーで始まった舞台「LOVEどきゅ~ん15(ichigo)」が出演者にインフルエンザ発症者が確認されたため中止することになり、代わりイベントを開催することが決まった。1日、主宰する女優、吉見麻美が公式サイトで報告している。

 1月31日に「公演中止のお知らせ」と題し「インフルエンザの発症者が複数名確認されました。関係各所と協議の結果お客様への感染の拡大防止のため、やむを得ず公演を中止させていただくこととなりました」として、チケットの払い戻し方法などを説明。さらに「『LOVEどきゅ~ん15』の為に予定をあけていただいたお客様の為に、少しでも楽しんでいただける何かができないかと考え、現在2月1日、2日の2日間にてイベントを検討中です」と続けた。

 一夜明けた2月1日には、公式サイトでイベントの開催が正式に決定したことを報告。「公演自体はできませんが、ライブシーンの歌やダンスの披露、お芝居部分の一部やトークショーなどお客様に楽しんでいただけるものを企画中です」と2月1、2日のそれぞれ2イベント計4ステージの実施を改めて紹介している。

 舞台は1月29日に幕を開け、2月2日までの全8スタージを予定していた。男子、女子それぞれ15人組アイドルユニットのストーリーが、混ざり合って行くサスペンス。お笑いタレントの長州小力(41)も出演している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年2月1日のニュース