杉本彩 “24歳で独立”当時の覚悟振り返り若者にエール送る

[ 2014年1月21日 07:30 ]

 女優の杉本彩(45)が書道家の高岡亜衣さん(40)と20日、大阪市内で開かれた若者応援イベントに参加し、「24歳で大手プロダクションから独立した。“自分でやっていくんだ”の覚悟がなかったら、今の自分はなかった」と明かした。

 「20代の終わりごろにラインダンスに出合った。自分の世界を見つけ、自分に自信が持てるようになった」とエール。9年間、書道とOLを両立させていた高岡さんは「ストレスで心を病んだ。“人生は一度きり。自分のやりたいことをやろう”とOLをスパッと辞めた」と話し、若者の背中を押した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年1月21日のニュース