レコ大最優秀新人賞は新里宏太 2年連続で現役高校生が受賞

[ 2013年12月30日 19:50 ]

<第55回輝く!日本レコード大賞>最優秀新人賞を受賞し熱唱する新里宏太

 年末恒例の「第55回輝く!日本レコード大賞」(主催日本作曲家協会)の授賞式が30日夜、東京・初台の新国立劇場で開かれ、最優秀新人賞は新人賞4組の中から新里宏太(18)が選ばれた。

 新里はジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出身の高校3年生。7月に人気テレビアニメ「ONE PIECE」の主題歌「HANDS UP!」でデビューした。昨年の家入レオに続き2年連続で現役高校生シンガーの受賞となった。

 スペシャルプレゼンターの阿部寛(49)に名前を呼ばれた瞬間、新里は両手で頭を抱え、右手で口を押えて驚きの表情。そして下をペロリと出して立ち上がるとステージに向かった。司会の安住紳一郎アナウンサー(40)の祝福には「アハハ!ありがとうございました」と笑い「スタッフのみなさんと最優秀新人賞を目標に掲げて、ファンのみなさんの応援もあって、みなさん(の力)でいただけた賞ということを実感できました」と感謝の言葉を口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年12月30日のニュース