栗原類 事務所移籍で俳優業へ意欲「役者の勉強をして行きたい」

[ 2013年7月1日 13:09 ]

所属事務所を移籍した栗原類

 モデルの栗原類(18)が7月1日付で芸能事務所を移籍したことを発表した。自身のツイッターで「本日2013年7月1日よりジュネスからエヴァーグリーン・エンターテイメントに移籍しました。これからもよろしくお願いします」と報告した。

 また、同日新たにブログを開設して移籍を報告するとともに「お芝居をメインにやって行くと決意しました」と俳優業へ意気込み。同事務所には俳優の溝端淳平(24)や山本裕典(25)らが所属している。「前から役者になりたいと言う強い思いがあり、今後は役者の勉強をコツコツとして行きたいと思います」と胸の内を明かした。

 “ネガティブ発言”が脚光を浴び、バラエティー番組への露出が増えていたが、自身は「面白い事は言えないですし、僕が何かを発言しようとする度に場が凍り付いてしまう」と葛藤があった様子。それでも「バラエティ番組のお仕事も需要が有る限り是非やらせて頂きたいと思います」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年7月1日のニュース