ルーカス監督が再婚 7年越しの交際を経て投資顧問会社社長と

[ 2013年6月25日 08:27 ]

7年越しの交際を経て結婚したルーカス監督とメロディさん

 ジョージ・ルーカス監督(69)が7年越しの交際を経て、ついに婚約者の投資顧問会社社長のメロディ・ホブソンさん(44)と結婚した。

 2人は先週末にイリノイ州シカゴのペニンシュラ・ホテルで結婚式を開き、ロン・ハワードやサミュエル・L・ジャクソンなど多くのセレブが式に出席。結婚式の直後にジャクソンは「宇宙にまで届くくらいの大声でジョージ・ルーカスとメロディの結婚を祝おうじゃないか!!本当におめでとう!!」とツイ-トしているほか、ロンも23日にツイッターで「ジョージ・ルーカスとメロディ・ホブソンの結婚式は幸せに満ちたものだったよ。ビル・モイヤーズのスピーチもよかったね。本当に心がこもっていたよ。ルーカス夫妻、おめでとう」と祝福のコメントを寄せている。

 ルーカス監督は、シカゴにある投資顧問会社アリエル・インベストメンツの社長を務めるメロディさんと2006年に出会っており、順調に交際を重ねて今年1月に婚約を発表していた。メロディさんは初婚だが、ルーカス監督は1969年から1983年までフィルムエディターのマルシア・ルー・グリフィンさんと結婚していて、養子縁組で迎えた3人の子供がいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2013年6月25日のニュース