“指原センター”賛否両論…支持派は「新しい風必要」

[ 2013年6月10日 06:00 ]

総選挙前のコンサートで堂々のパフォーマンスをみせた指原莉乃

AKB第5回選抜総選挙から一夜明け

 スポニチでは9日午後1時から同6時まで、公式サイト「スポニチ・アネックス」で「あなたは“指原センター”を支持しますか?」の緊急アンケートを実施した。その結果、1218人が回答し、709人(58%)が「支持する」、509人が「支持しない」(42%)とした。

 「支持する」とした理由は「センターとしての力強いスピーチを聞きたかった」「AKB48は新しい風が必要な時期に来ている」など。一方「支持しない」の理由は「いろんな意味でこれからのAKBが不安」「戦隊ものでいえば黄色、緑色の位置づけ。トランプでいえば、ジョーカー的存在なので、センター(赤色、ハートのエース)にいるのは違和感がある」などだった。

 総選挙では、過去最多の264万6847票が投じられ、指原が獲得したのはその6%ほどの約15万票。この数字からは今回の58%は高い気もするが、前田敦子&大島優子の2トップどちらがセンターになっても支持を得てきた歴史を考えると「支持しない」の42%は高いともとれる。いずれにしろ、賛否両論大きく二分された数字からは、一夜明けのファンの動揺と困惑がうかがえる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年6月10日のニュース