大躍進SKE 松井玲奈はどん欲「もっと上を目指して行きたい」

[ 2013年6月9日 17:48 ]

7位の松井玲奈
Photo By スポニチ

 AKB48の第5回選抜総選挙の開票イベントから一夜明けた9日、64位以内に18人がランクインしたSKE48メンバーがブログを更新した。

 「神セブン」を崩した松井玲奈(21)は7位という高順位に「緊張や不安を超えて怖くて怖くて仕方なかった」と吐露。それでも「トップになりたい」と公言してきた野心を胸に、素直に喜ぶことは控え「嬉しさと悔しさをバネにもっと上を目指して行きたい」と気合を入れ直した。

 16位に食いこんだ須田亜香里(21)は初の選抜入りに動揺し、ステージ上では「頭が真っ白」。スピーチでは「喋りたいことを半分もしゃべってない」と振り返った。

 一方、23位の高柳明音(21)は自身が「最後」と決めて挑んだ総選挙結果に「清々しい気持ちです」。今後について「もう“総選挙”というものに気負うことなく 縛られることなく あとのSKE人生は素直にSKEに費やしていきます」と宣言した。

 SKE48選抜常連組で唯一“不出馬”を選択した向田茉夏(16)は「本当に本当におめでとう」とメンバーを祝福。その上で、自身が総選挙を辞退したことを「全く後悔はしてません」と断言。「私なりに、悩んで出した答え。私は。これでよかったんだと、思えました」とつづっている。

 グループは人気メンバーが大量卒業したが、総選挙には“大勝利”。アンダーガールズセンターの柴田阿弥(20)を筆頭に、6人が初めてランクインした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年6月9日のニュース