さしこセンターに賛否両論「日頃の頑張り」「また調子に乗るのでは…」

[ 2013年6月9日 10:36 ]

総選挙で1位に指原莉乃は新記録の15万票以上獲得

AKB48第5回選抜総選挙

(6月8日 日産スタジアム)
 指原のホーム、福岡市から遠征してきたファンは1位に興奮し、歓喜の雄叫びを上げた。

 博多区の会社員、花田龍翔さん(21)は「加入から1年くらいたって、僕の周りでの人気は凄いものがある。もしかして今ごろ中洲(博多の歓楽街)の川に飛び込んどるヤツがおるんやないか」と、九州に広がる熱い支持を勝因に挙げガッツポーズ。

 早良区の会社員高島亮祐さん(20)は「中間発表でも1位だったが、秋元さんの発言(先月26日、インターネット動画番組で「校内マラソン1周目だけトップとった感じ」とコメント)もあって、不安はあった」と振り返り「日ごろの頑張りは、地元民に痛いほど伝わる。博多に来た事情は複雑だったけど、素直に祝福したい」と話した。

 昨年の総選挙で4位に躍進した直後、過去に交際していたと名乗るファンの告白が週刊誌に掲載された。指原は「事実じゃないことがたくさんありましたが、その人と友達だったことは事実」と話し、秋元氏は「応援してくださる皆さんに誤解を与える行動をとったのは間違いない」と、HKT移籍を通告した。

 横浜市磯子区の会社員男性(43)は「(移籍当時の騒ぎが)なかったことみたいになってて正直違和感もある」と複雑そうな表情。指原推しの東京都豊島区の大学2年生(20)も「うれしいはずなんですけど、意外に喜べない。最後のスピーチを聞いていても“また調子に乗るんじゃねーの?”みたいな感じを受ける」と厳しく指摘した。

 賛否の声に割れる中、センターの座を不動にできるかどうかは、指原のさらなる努力にかかる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年6月9日のニュース