豊川悦司 30キロの甲冑着て撮影「おっちゃんにはキツイ」

[ 2013年5月9日 15:16 ]

新ジャンルビール「キリン 澄みきり」発売出陣式&新CM発表会に出席した豊川悦司

 俳優の豊川悦司(51)がキリンビールの新ジャンルビール「キリン 澄みきり」のイメージキャラクターに就任することになり、9日に都内で行われた会見に出席した。

 豊川は「広告に参加させていただく以上、商品は気になるが、キリンさんの本気度を感じさせるというか、予想をはるかに超えて、すごくおいしくいただきました。心の中にリラックスした空間をぽっかりと作れる商品」と絶賛。

 新CMでは、30キロ近くもあるよろいや甲冑を身に付けて“戦国武将”に扮し、凜々しい姿を披露している。好きな戦国武将はNHK大河ドラマ「江」(2011年)で演じた織田信長だという豊川は「普段の撮影では少し軽く仕上げて動きやすくしているんですけど、今回は着て、立っているだけでもおっちゃんには結構キツイ仕事でした。でも、そういう重さがあればあるほど、商品に愛情が湧いてきて、自然と本気モードに入っていきました」とハードだった撮影を振り返った。

 イベントでは、同社の若手営業社員に対し、公開営業研修も実施。集まった若手社員たちを前に「たった1本をお客様に届けるために、何百人、何千人という方がその1点に向かって集中していく、そういった皆さんの心意気に、グッとくるものがあります」とエール。代表の女性社員が関西弁で話しかけると、大阪出身の豊川が「関西弁やね…すっかり関西弁になってしまった」とつられて関西弁になり、照れ笑いを浮かべる場面もあった。

 戦国武将に扮した豊川が出演するCMは10日よりオンエア。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2013年5月9日のニュース