角野卓造 近藤春菜に太鼓判「名前を連呼してくれるなんて 本当に似ている」

[ 2012年8月31日 17:20 ]

近藤春菜に太鼓判を押した角野卓造

 俳優の角野卓造(64)が31日、04年から足かけ8年間に渡り主演声優を務めてきた海外ドラマ「名探偵モンク」シリーズの最後となるアテレコを都内のスタジオで行った。

 「別れるという感じはしない。ずっと僕の中にモンクさんがいるから」と角野。最後のアテレコとなったCMナレーションの撮りを終え、笑を浮かべた。

 38もの恐怖症をもつ元・天才刑事の主人公に共感することも多かったと言い、「僕は普通の人が好き。(渡る世間は鬼ばかりの)ラーメン屋とか」と冗談で笑わせた。

 同ドラマは02年にアメリカで放送が始まった推理サスペンス。日本ではNHKBSで04年から10年まで放送され、海外ドラマチャンネル「AXNミステリー」では06年から現在も放送されている。角野は全125回、主人公の声優を務めてきた。

 お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(29)と顔が似ていることでも知られる角野だが、「僕は全然、抵抗ない。僕みたいな人間の名前を連呼してくれるなんて」と春菜のギャグを大歓迎。以前に番組で共演したこともあり、「本当に似ている」と本人も太鼓判を押していた。

 報道陣から「クレームはありませんか?」と振られると、「モンク(文句)なし!」とダジャレで返し、会場から大きな拍手が起こった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2012年8月31日のニュース