フェロモン全開の市原隼人「段々胸元が開いていって…」

[ 2011年11月18日 09:10 ]

「女性チャンネル♪LaLaTV」記者発表会に登場した市原隼人

 俳優の市原隼人(24)が「女性チャンネル♪LaLaTV」のチャンネルイメージキャラクターを務めることになり、17日に行われた記者発表会に、同局の番組に出演する女優の浅野ゆう子(51)、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」、音楽プロデューサーのつんく♂(43)、韓国出身の5人組男性ヴォーカル・ダンスグループ「SM☆SH」らと登場した。

 市原は「まずは人生を楽しんでいただきたい。地上波ではできない、濃い内容も出てくるので、必ず楽しんでみていただけると思う。僕も見て人間性を磨きたい。男性は仕事現場でもプライベートでもステキな女性にいつも力をもらっている。男って、どこかで母性本能を求めているようなところがあるので、いつも感謝しています、本当に」と女性視聴者へメッセージを送った。

 市原の起用理由はズバリ「フェロモン」だという。今後、流れることになるテレビCMについて「ふとした時に心を隙間を埋められるようなお芝居ができた。女性が見たくなるようなしぐさを、ということで、もうちょっともうちょっとと段々胸元が開いていって…」とフェロモン全開だった撮影秘話を明かすと、女性プロデューサーから「セクシービーム全開ですよね」と後押しされ、照れ笑いを浮かべた。

 同局では、来年1月に「市原隼人特集」として市原出演作「リリイ・シュシュのすべて」「虹の女神 Rainbow Song」「40女と90日間で結婚する方法」を放送予定。今のところ、番組への出演予定はないが、「地上波では見られない姿をLaLaTVで僕もいつか見せたい」と意気込んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年11月18日のニュース