「やさぐれ感」がいい 松雪泰子が“干物女”に

[ 2011年10月26日 07:39 ]

イタリアの干物女として映画「ホタルノヒカリ」にジャージー姿で出演する松雪泰子

 女優の松雪泰子(38)と「NEWS」手越祐也(23)が、来夏公開の映画「ホタルノヒカリ」(監督吉野洋)に出演している。

 綾瀬はるか(26)主演で07、10年に日本テレビで放送された人気ドラマの映画化。私生活ではグータラな“干物女”綾瀬が、新婚旅行先のイタリアで出会うのが松雪。日本で起きたショックな出来事から自暴自棄になったという設定。松雪は「やさぐれ感のあるイタリア版干物女をやらせていただいた」と綾瀬同様ジャージー姿で熱演した。手越は松雪の心優しい弟役。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2011年10月26日のニュース