KEIKO 集中治療室に 小室哲哉 寝ずに寄り添う

[ 2011年10月26日 06:00 ]

くも膜下出血で搬送されたKEIKO

 3人組ユニット「globe」のKEIKO(39)が24日にくも膜下出血のため倒れて都内の病院に搬送され、25日未明から5時間にわたる手術を受けた。

 所属事務所によると、手術は無事に成功し、命に別条はないという。現在は集中治療室(ICU)に入っており、1カ月の入院を予定。夫で音楽プロデューサーの小室哲哉(52)が寝ずに寄り添い、故郷・大分に住む母親が上京し、病院へ駆けつけた。

 KEIKOは24日はオフ。夕方に自宅のベッドで目覚めて起き上がろうとした際、後頭部から首にかけて、今まで感じたことがないような激痛が走ったという。立つこともままならないまま、そのまま倒れた。たまたま同じ部屋にいた小室が異変に気付き、すぐに119番通報。救急車で都内の病院に搬送された。

 KEIKOは95年に小室らとglobeを結成し、02年に小室と結婚。小室が08年に詐欺容疑で逮捕され、有罪判決を受けて以降も、妻として献身的に支えてきた。それだけに小室も大きなショックを受けている様子。「KEIKOも精いっぱい頑張っておりますので、引き続き見守っていただければと思います」とコメントを発表した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2011年10月26日のニュース