PR:

相づちは打つが…KEIKO 会話のできない状態

くも膜下出血で搬送されたKEIKO

 3人組ユニット「globe」のKEIKO(39)が24日にくも膜下出血のため倒れて都内の病院に搬送され、25日未明から5時間にわたる手術を受けた。

 手術時に受けた全身麻酔が切れた後に意識は回復。小室の問いかけに相づちを打ったり、手を握ったりすることはできるが、会話のできない状態が続いている。

[ 2011年10月26日 06:45 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:05月21日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル