“2度目”であおいと息ピタリ 堺雅人「我々だけの夫婦になった」

[ 2011年9月27日 18:10 ]

映画「ツレがうつになりまして。」完成披露会見に登場した堺雅人

 俳優の堺雅人(37)が27日、都内のホテルで行われた主演映画「ツレがうつになりまして。」の完成披露の取材会に、妻役を演じた女優の宮崎あおい(25)とともに登場した。

 完成披露試写会の前に行われた会見は、劇中で重要シーンの1つである“結婚同窓会”をイメージし、ホテル内のチャペルで行われた。「特別に場所に来ることができて、思い出深い日になった」と堺。

 演じた原作者夫婦について「献身的に支えてあげようっていうような、へりくだったような妻ではなくて、妻は妻で自分のペースで進んでいくところがよかったのかなと。自分たちの関係を自分たちで決めていくというのは大事だし、勇気がいるし、美しいことなんだと今回の映画で学んだ」と話した。

 会見中も何度も息の合ったところ見せていた2人は、今回で2度目の夫婦役。「あおいちゃんには全幅の信頼を寄せている」という堺は「無理に話を合わせなくてもいいし、無理に肩に力を入れなくてもいい。そんなちょっと力の抜けた部分がいい余裕になって、夫婦の味になっていると思う。我々だけの夫婦になったという自信がある。2人のケンカシーンとかで話し合うのも楽しかった」と撮影を振り返っていた。

 細川貂々さんの同名コミックエッセイが原作の映画「ツレがうつになりまして。」(佐々部清監督)は夫がうつ病になったことをきっかけに、お互いを見つめ直し、成長していく夫婦の物語。10月8日より全国ロードショー。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2011年9月27日のニュース