テレ東「ありえへん∞世界」に放送倫理違反 BPOが意見書

[ 2011年9月27日 16:29 ]

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(川端和治委員長)は27日、沖縄・南大東島のサトウキビ農家が豪華な別荘を持っているなどと紹介したテレビ東京の情報バラエティー番組「ありえへん∞世界」について、放送倫理違反があったとする意見書を公表した。

 意見書は「番組は事実に基づかず、公正さに欠けた過剰な演出」とした上で「視聴者に誤解を与えるだけではなく、多くのサトウキビ農家への偏見をあおった」と指摘した。

 テレビ東京は、別の情報バラエティー番組でも事実確認を怠ったなどとして、7月に委員会から放送倫理違反の指摘を受けたばかり。川端委員長は同日の記者会見で「番組制作上の体制に問題があることを強く示唆している」と述べた。

 テレビ東京は「大変重く受け止めている。番組制作に携わる全てのスタッフと議論を深め、制作体制を見直していく」とのコメントを出した。

 番組は1月25日に放送。南大東島には年収1千万円以上のサトウキビ農家が150~200軒あり、沖縄本島に豪華な別荘を所有しているなどと紹介した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2011年9月27日のニュース