矢田亜希子離婚 押尾容疑者逮捕で「決意」

[ 2009年8月8日 06:00 ]

 麻薬取締法違反の疑いで逮捕、送検された押尾学容疑者(31)の妻で女優の矢田亜希子(30)が7日、押尾容疑者と離婚したことを発表した。報道各社に直筆のサインを入れたファクスを送信し「この度、私、矢田亜希子と押尾学氏は離婚いたしました」と報告。「氏」の敬称を入れて、距離を感じさせる文面で、約2年9カ月の結婚生活にピリオドを打った。

 矢田はドラマやCMで人気を博していた06年11月13日、周囲の反対を押し切って押尾と結婚。07年11月に長男を出産した。しかし、半年以上前から夫婦仲は冷え切り、別居。押尾の3日の逮捕を機に離婚は必至とみられていた。
 離婚報告の書面には、「一部報道にもございましたように、彼の女性関係や価値観の違いから別居状態が続いておりました」とし、「今回の事件を受け、周囲の方々や息子への影響を考え決意した次第です」と逮捕が離婚を決定づけたことを明かした。離婚届を提出した時期は明かしていない。
 「ただ、離婚したとはいえ、元夫・押尾学が大変お騒がせいたしまして、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪の言葉も添えている。
 警視庁麻布署が4日、川崎市内の自宅を家宅捜索した際に矢田は1歳の長男を抱えながら、立ち合った。所属事務所はこれまで、矢田について「心身ともに弱っている」とマスコミ各社に説明しており、矢田は押尾の逮捕後は公の場に姿を見せていない。この日のファクスでも「本来でしたら皆様に直接お話しすべきところですが、あまりに突然のことでただただ動揺している状態なので、このような形で発表させていただくことをお許し下さい」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2009年8月8日のニュース