阪神・木浪 6回にチーム初安打を放つも、打線つながらず…「その次が大事。明日も頑張ります」

[ 2024年6月12日 22:35 ]

交流戦   阪神0ー4オリックス ( 2024年6月12日    京セラD )

<オ・神>6回1死、チーム初安打となる中前打を放つ阪神・木浪。投手エスピノーザ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神の木浪聖也内野手(29)が、3点を追いかける6回1死にチーム初安打を放った。

 「打てたことは良かった」

 オリックス・エスピノーザの高めツーシームを中前打。しかし坂本が三邪飛、中野が左邪飛に倒れ得点には結びつかなかった。前日11日に続いて2日連続の完封負けに「こういう時もあると思う。その次が大事だと思うので、明日も頑張ります」と顔を上げた。 

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月12日のニュース