途中交代のソフトバンク・近藤健介 小久保監督は「右手です」と説明

[ 2024年6月12日 21:27 ]

交流戦   ソフトバンク3ー9ヤクルト ( 2024年6月12日    みずほペイペイ )

<ソ・ヤ>4回、鈴木の打球を追い転倒する近藤(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの近藤健介外野手が、12日のヤクルト戦で途中交代した。

 「5番・左翼」でスタメン出場。4回、2死満塁の場面で、ヤクルト・鈴木の打球にダイビングキャッチを試みた際、グラウンドに顔面を打ち付けた。しばらく立ち上がれずに顔を押さえつけた。

 そのままプレーを続行し、裏の打席にも立ったが、無死一塁から一ゴロ併殺に倒れた。5回の守備には就かずに交代した。

 試合後、小久保監督は近藤は首を痛めたか?と問われ「右手です」と説明。「見てからですね。いろいろと検査結果を」とした。「今後響いてもらったら一番困る選手。あしたは来てからになる。本人はいけますと言っていたけど」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月12日のニュース