ソフトバンク高卒4年目の笹川吉康がプロ初出場 横浜商出身の22歳 「スタートが切れてうれしい」

[ 2024年6月12日 22:32 ]

交流戦   ソフトバンク3―9ヤクルト ( 2024年6月12日    みずほペイペイ )

<ソ・ヤ>7回、バットを折られ内野ゴロに倒れる笹川(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの高卒4年目、笹川吉康外野手(22)がプロ初出場を果たした。

 近藤に代わって5回の守備から出場。プロ初打席は7回に巡ってきたが、ヤクルト・山野の前に二ゴロに倒れた。

 9回1死でも二飛。2打数無安打でバットから快音は聞かれなかった。笹川は「大観衆で緊張感が違った」とし、結果を出すことはできなかったが、スタートを切れたことはうれしく思う」と振り返った。

 横浜商から20年ドラフト1位で入団。高校通算40本塁打で抜群のスイングスピードを誇る。次はプロ初安打を目指す。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月12日のニュース