西武ファン女優・新川優愛が始球式 ノーバン投球ならず「85点」連敗止める勝利の女神に…

[ 2024年6月12日 18:11 ]

交流戦   西武-広島 ( 2024年6月12日    ベルーナD )

<西・広>セレモニアルピッチに臨む新川優愛(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 女優の新川優愛(30)が12日、ベルーナドームで行われた西武-広島戦のセレモニアルピッチに臨んだ。

 左投げでマウンド前方から、わずかに捕手の手前でワンバウンドする投球。「緊張しましたけど“届け!”と思って、何とかキャッチしてもらって良かったです。もうちょっとしっかり飛ばしたかった」と笑顔で振り返った。

 今年が2024年であるため、背番号「24」の西武のユニホームを着用し、白いワイドパンツを合わせたコーデでスタイルの良さを強調した。2年前も始球式を行っていて、「伸びしろがあるように今日は85点。今度はサイドスローを練習してきます。(下手投げの)与座投手のような下から上がってくるように」と見据えた。

 埼玉出身の新川は大の西武ファン。22年には女性ファンが主役の企画「ライオンズ獅子女(ししじょ)デー」でメインアンバサダーを務めた。BS12トゥエルビのプロ野球中継の主音声・副音声へのゲスト出演や月刊誌「LIONS MAGAZINE」にて連載を持つなど、幅広く活動している。2019年に9歳年上のロケバス運転手の男性との結婚を発表。23年5月に第1子が誕生している。

 西武は今季2度目の8連敗中で、最下位に低迷しているだけに「私が見てきた中でも今年は本当に悔しい。どんな時でもライオンズが好き」と熱いエールを送った。流れを断ち切る勝利の女神となれるか。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月12日のニュース